1. TOP
  2. ダイエット
  3. 太っている友達の観察結果!これがダイエットできない人の特徴だ!(生活編)

太っている友達の観察結果!これがダイエットできない人の特徴だ!(生活編)

 2016/09/26 ダイエット この記事は約 12 分で読めます。 1,852 Views

「どうせダイエットをするなら成功させたいし、リバウンドもしたくない」

ダイエットを始めようとしたときに、失敗したいと思う人はいません。

40代になってから体重が増えてくると、病院に行くたびに先生に血圧や血糖値、中性脂肪などを指摘されるようになってきます。

そうしてダイエットを考えはじめたときに、「そういえばみんなはどうしてるんだろう?」と考えませんか?

ダイエット法を探すにしても他の人が成功しているかどうかは気になりますし、道連れと言っては言葉が悪いですが、同じようにダイエットをしてくれる人がいた方が張り合いが出ますよね。

そんなときに

・ダイエットを繰り返し「あのダイエット法は効果ないよ」と様々なダイエット法に精通した自分よりも体重が重い人

・「どんなダイエット法を試したけど痩せなかった…」とダイエットを諦めている人

では、ダイエット情報の信憑性も悪いですし、張り合いがないですよね?

そこで、そのようなダイエットを何度も繰り返す(リバウンドを何度もしている)人、ダイエットに失敗する人の特徴をまとめてみました。

・これからダイエットを始めようとしている

・ダイエットに何度も失敗しているが、次こそは成功させたい

と思っている人にぴったりの記事なので、読んでみて下さい。

 

スポンサーリンク

話したり観察しているとよく分かるダイエット出来ない人の特徴

ダイエットに失敗している人は、話を聞いてみたり、観察をしているとその特徴が分かってきます。

今回は、その中から10個をピックアップして紹介します。

「あ、私もそんなことやってる…」

といったような自分に当てはまるものがあれば、その部分は直した方が良いでしょう。

様々なダイエット法に詳しい

people-316506_640

「今こんなダイエット法が流行っててね?」

「このダイエット法はね…」

と、様々なダイエット方法について詳しい人で、実際に痩せている人ってそんなに周りにいないのではないでしょうか。

自分が成功したダイエット法について詳しい、自分でダイエット法を作って広めているという人であれば、そのダイエット法に詳しい、比較用にいくつかのダイエット法の知識を持っていることはあります。

しかし様々なダイエット法について詳しく、更にどれも試しているということは

・体重が落ちていないダイエットそのものが失敗している

・成功したとしてもその度にリバウンドしてしまっている

ということになります。

また、そのような人の場合

そのダイエット法のメリットだけしか知らない

ダイエット法の方法と、自分が失敗したから「これは嘘だよ」と言う

というような、偏った知識と根拠のない断言が多くなっています。

ネットや雑誌で紹介されるダイエット法の多くは「メリット」は大きく書かれています。

しかし注意点はあまり書かれていないことが多く、その情報を鵜呑みにしてダイエットを行った人は情報が偏ってしまっています。

また自分が間違えたダイエット方法でやっておきながら「私はこのダイエットを試したけど駄目だった、このダイエットは嘘っぱちだ!」と言う人もいます。

ダイエット方法について様々なダイエット方法について詳しすぎる人の場合、ダイエットが出来ない人であることが多いのです。

 

 

ストレス解消の方法が「食べる」

pak88_agemonokuuu15160336_tp_v

「(ストレスを感じたら)思いっきり食べてストレス解消する」

ストレス解消法について聞いて、このような返答がきたらその人はダイエット出来ない人である可能性が高いです。

ストレスを感じて食べる人は、当たり前ですがカロリーオーバーな生活習慣になることが多いです。

またダイエット法はこれまでの生活習慣を変えてるためストレスになりやすくなります。

普段であれば食べることでストレス解消していた人であれば、そのストレスの解消法が潰されてしまうのでストレスがたまってしまいます。

そしてそれが爆発してしまうと、バク食いに繋がり一気に太ってしまうのです。

特に食事制限系であれば、食べ物を十分に食べることの出来ない危険な状態であると身体は感じているので栄養を普段以上に吸収しようとします。

そしてそんな状態でバク食いをしてしまえば、ほぼ確実にリバウンドします。

・無理なダイエットをしない

・カラオケなど食べる以外のダイエット方法を探す

といったストレスをためずにダイエットできる方法を探す必要があります。

 

睡眠時間が短い

good-night-1505195_640

「この人どんなに夜遅く連絡しても起きてるなぁ…」

LINEのグループ会話は何時に投稿されたメッセージか分かりますが、深夜2時を過ぎても会話を続けている人はいませんか?

睡眠不足はお肌の天敵とも言いますが、ダイエットの天敵でもあります。

午後10時~深夜2時の睡眠中は成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンというとこれ以上出ると逆に老けてしまいそうな気もしますが、実は若返りホルモンともいわれ、肌のターンオーバー(肌の細胞の入れ替わり)など、肌を健康的で若々しくするためには重要になってきます。

そしてこの成長ホルモンですが、脂肪を燃やす働きも持っているのです。

その為午後10時~午前2時の間に寝ていない人、睡眠時間が短い人は脂肪を燃やす機会を失い、ダイエットが成功しにくくなるのです。

 

普段あまり動かない

189880

「この人1階から2階に上がるためにエレベーター乗ったのか…」

エレベーターに乗ったときに、1階で乗って2階のボタンを押す人、たまに見かけますよね。

このようなちょっとした移動でもめんどくさいからと楽をしようとする人は、ダイエットできない傾向にあります。

「めんどくさがりな人は忍耐力無さそうだもんね」と思った貴女、それも理由に入るかもしれませんが、そういう意味ではありません。

徒歩数分で重いものを買うわけでもないのに自動車で買い物にいったり、1階上がるためにエレベーターを使う人は、使わないような人よりも運動量が少なくなっています。

その為

・運動で消費するカロリーが少ない

・運動不足で筋肉が少なくなりやすい

となり、食べたものが脂肪になりやすく、ついた脂肪が燃えにくい体質になっているのです。

めんどくさがりな人と同じ位置にするのは失礼かもしれませんが、普段事務職として机に座っている時間が非常に多い人も、同じく運動不足で消費カロリーが少なくなってしまうので、太りやすく痩せにくい体質になってしまっている危険性があります。

Today Health & Wellnessというサイトによると、3時間以上座った状態が続くと2時間以下しか座っていない場合と比べて、メタボリックシンドロームになる確率が74%高くなってしまうらしいです。

 

友人知人に太っている人が多い

portuguese-977981_640

食べっぷりの良い友達と食事に行くと、その友達につられて普段よりも早く食べてしまうことはありませんか?

試していただけると納得できると思いますが、ゆっくりよく噛んで食べるのと、ギャル曾根のように早食いをするのでは、ゆっくり食べる方が少ない量でお腹いっぱいになることが出来ます。

つまり普段から早食いをしている人は、太りやすい生活習慣を持っていることになります。

太りやすくなる遺伝子もあるので必ずとは言えないのですが、太っている人は太りやすい生活習慣を持っています。

「待たせるのは悪いから早めに食べないと!」

「エレベーターに乗るなら私も乗るかな」

といったように太っている人に合わせて太りやすい習慣を知らず知らずに行ってしまいがちになってしまう危険性があります。

その為なのか、ハーバード大学によると、友達や家族に太ったばかりの人がいる人の内、半分の人は自分も太ってしまうとのことです。

太っている友達と遊ぶときに

「今日はゆっくり食べない?」

「1階だけだし階段の方が早いよ」

といったように、自分のペースで行動するように心がけると、その友達の健康のためにもなるかもしれません。

 

部屋の温度設定を高くしがち

i003_864

「この部屋暑いなぁ…」

冬場に遊びに行ったときに、暑くてボーっとするほど設定温度が高かったことがありませんか?

「設定温度を高くして汗をかけばその分痩せるような気がする」

「暑いのは我慢できても寒いのは我慢できない!」

と設定温度を高くしている人もいますが、ダイエット的にはあまり効果がありません

むしろ寒い方がダイエット的には効果があるのです。

寒いところにいると身体は体温を下げないようにエネルギーを使って身体を温めようとします。

真冬に外にでると身体が震えたり、歯がガチガチと「歯の根が合わない」状態になっているのは、身体が必死になって筋肉を動かし、体温を上げようとしているのです。

そしてこのとき筋肉が使うエネルギーは思っている以上に高いので、ダイエット効果があるのです。

 

薄着のことが多い

young-woman-1521363_640

「あの人なんで真冬にあの格好でいられるんだろう…」

筋肉質の人もそうですが、太っている人は冬場でも薄着でいる人は多いですよね。

脂肪は保温性が高いので、太っている、つまり脂肪の多い人は冬でも薄着で我慢できる人が多いです。

しかし薄着で過ごしていると、どうしても体温が低くなってしまいます。

寒い中で温かい格好をしているのであれば体温が下がらないように身体が頑張ってくれるのですが、薄着でいる場合は体温が下がってしまいます。

体温が下がってしまえば基礎代謝は下がってしまい太りやすく痩せにくくなってしまいますし、頭痛やめまいなどの原因となってしまいます。

寒いところにいるようにしても格好は暖かくし、身体を冷やさないようにしましょう。

 

飢えた野獣のような目をしている

wolf-1583199_640

「ダイエット中で食べないようにしてるからってこっちの食べ物そんな目で見つめないで…」

短期間で効果を出そうとしている場合、無理なダイエット計画をたててしまいがちになります。

食事制限での無理なダイエットをしようとしていると、ストレスがたまりますし、周りの食べ物が気になって仕方がなくなります。

特に周りの人が美味しそうに食べている姿を見てしまえば、気になって仕方がなくなってしまいますよね…

しかしそのような視線は、周りからみると肉食獣が獲物を見つめるような、少々怖く感じてしまいます。

我慢でストレスを感じている状態がながく続いていれば、バク食いの原因にもなるので、ダイエットに失敗してしまいやすくなります。

友達がそのような目をしている人の話を聞いて、無理なダイエットをしているようであれば考え直すように説得した方が良いかもしれません。

 

もったいない精神を重要視している

gohan151214588670_tp_v

日本人ならほとんどの人がもっていると思いますが、出されたご飯を絶対に残さないようにする「もったいない精神」も、場合によっては太る要因となります。

「ごはんを食べた後だけど、冷蔵庫の中に消費期限が昨日までの食べ物があったから食べちゃおう」

「定食屋さんで少なめが少なくなくてもうお腹いっぱいなんだけど、残すわけにはいかないから残りも無理して食べよう…」

というのはカロリーオーバーの原因ですし、ものによっては脂質・炭水化物などの摂り過ぎになって中性脂肪や血糖値の数値が悪くなってしまう恐れがあります。

残さないことも大事ですが、健康のために「残す勇気」も少しはないと、動脈硬化などの原因となるかもしれません。

なお、これは故意に残すことを勧めているわけではありません。

最近になって回転寿司屋さんで出没する寿司で頼んでシャリを残す輩のような、残すこと前提で注文する行為は、世界の言葉として広まりつつある「もったいない」という言葉を生み出した日本人として恥ずかしい行為です。

あくまでも少なめで頼んでも食べきれなかった場合や、消費期限が数日過ぎてしまってどうしようもない場合に、最後の手段として残すという選択肢を持つということです。

最近はダイエット中でも注文しやすい体制をした飲食店も多いので、ダイエット中でも変わらず、食べる分だけ注文するように心がけましょう。

 

勧められたときに断れない

iris16011940-2_tp_v

「ご近所さんに飲み会に誘われて断れずにきてしまった…」

「実家に帰ったときに歓迎してくれるのは嬉しいけど、ごはんもお菓子も勧められてもそんなに食べられないって…」

善意で勧められたり誘われたときって、断りにくいですよね…

「ノーと言えない日本人」といわれるように、日本人は断るのが苦手な人が多いです。

私もその一人で、例えこちらの予定を知らなかったとしても、予定がないときに誘われると中々断れません…

しかしダイエット中であまり食べられないときには、断る努力をするようにしましょう。

一度「本当にごめんなさいね」と断れれば、相手も理解をして気を使ってくれるものです。

もしも気を使ってくれないのであれば、その人は距離を置いた方が良いタイプの人間性ということが分かります。

 

まとめ

如何でしょうか。

今回はダイエットが出来ない人の生活面での特徴を挙げてみました。

食生活についての特徴はこちらに挙げていますので興味がございましたらご覧ください
太っている友達の観察結果!これがダイエットできない人の特徴だ!(食生活編)
基本的に身体を冷やしてしまう、睡眠不足などの痩せにくく太りやすい体質にしてしまうような行動か、周りに流されてしまったりストレスを感じやすい行動をとっていると太りやすくなるということでしょう。

周りに流されやすいと感じている場合は、流行りのダイエットを「やってみない?」と誘ってみると、意外と効果があります。

流されやすいというのは悪い事だけでなく、周りが頑張っているときには諦めにくくなるという良いところもあります。

ですので周りをその気にさせる流行りのダイエット法を勧めてその気にさせることが出来れば、一人でダイエットをするよりも続けやすくなるのです。

 

その場合ある程度流行しているダイエット法でないと誘いにくいと思いますが、その場合に有効なダイエット法として「酵素ダイエット」があります。

電車の広告や週刊誌等の広告で必ず1度は見ていると思いますので、「あ、あれね」と話を振れば理解してもらえるでしょう。

その酵素ダイエットについても記事を作っていますので、酵素ダイエットがどのような理由で良いダイエット法なのか興味がありましたら、どうぞ

【 5kg減量も可能? 】やせる体質を作りリバウンドしない「酵素ダイエット」で確実にやせる方法

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

素敵エイジングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

素敵エイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 糖質制限ダイエット、食べて良いもの・ダメなもの

  • 【 5kg減量も可能? 】やせる体質を作りリバウンドしない「酵素ダイエット」で確実にやせる方法

  • 太っている友達の観察結果!これがダイエットできない人の特徴だ!(食生活編)

  • 40代のダイエットを成功させる3つのコツと方法【食事・筋トレ・生活】

  • ダイエット中でも外食したい! 糖質制限中に安心して入れる飲食店はどこ?

  • 手軽だけど危険もある? 糖質制限ダイエット賛否両論と注意点