1. TOP
  2. ヘルスケア
  3. 口が臭いと思われたくない! 40代の口臭の原因と対策

口が臭いと思われたくない! 40代の口臭の原因と対策

 2016/11/03 ヘルスケア この記事は約 12 分で読めます。 245 Views

朝起きた時や歯を磨いてからしばらくした時など、ふとした時に自分の口臭が気になることはありませんか?

特にニンニクを食べているわけでもお酒を飲んだわけでもないのに口臭があり、その度に歯磨きをしているのにしばらくするとまた…

昔は気にならなかったのに、40代になるにつれて気になりだす方は多いでしょう。

しかし、実は口臭に気がつけたということは幸運なことなのです。

 

 

普段誰かと話していて、「この人口が臭いなぁ…何で気にならないんだろう?」と思ったことはありませんか?

そのような場合、その口が臭い人は臭くても気にせず話しているのではなく、自分の口臭に気がついていないことが多いのです。

これは嗅覚疲労という、1種類の臭いを嗅ぎ続けるとその臭いに対して鈍感になる状態になっているのです。

この嗅覚疲労を起こしている状態でも「それ以外の臭い」に関しては正常に感じ取ることが出来るので、自分の口臭に対して嗅覚疲労を起こしていてもそれ以外の臭いには影響せず自分が嗅覚疲労に陥っていることに気付くことが出来ません。

旦那様がこの状態であって直接言い難い場合はこちらをどうぞ
旦那の口が臭い・・・という場合に考えられる原因と対処法について
そして厚生労働省の集計データ(平成11年)では40代前後の歯・口腔内に悩みを持つ人は7割を超え、その内の内の2割が口臭で悩んでいる事になります。

これは臭いを測定したわけではなく自覚症状でのアンケート結果で自分の口臭に気がついていない人は含まれていないので、実際に口臭のある人はもっと多いでしょう。

口臭に気がつけていない人は口臭を改善させることが出来ないので、自分の口臭に気がつくことが出来た貴女は気がつけていない人よりも幸いであるといえるでしょう。

自分に口臭があるかないかがよく分からないという場合は、マスクをつけてみて下さい。

マスクで鼻と口を覆うことで、普段は気がつくことが出来ない自分の口臭を感じやすくすることが出来ます。

 

スポンサーリンク

口臭は一度気になるとずっと気になってしますよね…

%e5%8f%a3%e8%87%ad%e3%81%a3%e3%81%bd%e3%81%84%ef%bc%9f

一度誰かから言われたり、自分で「もしかして?」と思ってしまうと自分の口臭が気になって他人と話しにくくなってしまう人もいるでしょう。

直接言われなくても、周りから口臭についての話題が聞こえてくると「自分のことを言われているのでは?」と不安になってくるものです。

 

40代女性は口臭が気になる人が多い

先述したように40代前後で口の中の悩みを持つ人は7割を超えますが、実はこの悩みはこの年代が最も多くなっているのです。

この理由として挙げられるのは加齢とストレス、そして更年期障害です。

加齢と共に唾液腺からの唾液の分泌量は少なくなり、更年期障害により女性ホルモンであるエストロゲンの低かも唾液の分泌量を低下させる要因となります。

 

 

大勢の前で何かを発表するときなど、極度の緊張(ストレス)を感じた結果口が渇いてしまったという経験をされた方は多いと思いますが、ストレスも唾液の分泌量を少なくする要因となります。

40代となると親の介護やご近所付合い、子供が独立するなど生活環境も大きく変わることが多く、ストレスを感じることが多くなります。

これに加齢、更年期障害も合わさり口が渇きやすくなることが、口臭の原因ともなるのです。

 

口臭の原因物質は舌苔で出来るVCS

%e8%88%8c

例外はありますが、口臭の原因となっているのは口の中に存在する酸素が無くとも増殖することが出来る嫌気性菌が口の中の食べ物のカスや細胞の死骸などのアミノ酸を分解することで産生されるVCS(揮発性硫黄化合物)という物質です。

VCSには硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドがあり、口臭の原因により産生されるVCSが異なる為その差異に気付ける有識者であれば臭いで原因が分かることがあります。

 

 

このVCSの発生源として最も多いのが舌苔で、主に硫化水素が産生されます。

その為これが口臭の原因である場合はこの舌苔を除去することで口臭が改善されます。

近年になって舌専用ブラシをドラッグストアなどでも見るようになりましたが、これは舌苔を除去する為のブラシとなります。

 

口臭が発生してしまう原因は?

口が渇いていることによる「ドライマウス(口腔乾燥症)」

arid-21799_640

唾液には様々な役割があり、そのひとつに殺菌作用があります。

口臭の原因物質VCSを産生するのは先述した嫌気性菌という細菌(バクテリア)であり、唾液にはこれが増殖しないようにし、歯周病リスクの低下、口臭を抑制する働きがあります。

しかし加齢、更年期障害、ストレス等が原因で唾液の分泌量が低下しドライマウスになってしまうと、細菌が繁殖することで歯周病、口臭のリスクが高まってしまいます。

 

 

更に加齢が進み唾液の分泌量の低下が進んだとしても、ホルモンバランスが安定、定年退職などでストレスの要因が消えるので40代前後よりは口臭は気にならなくなるようです。

この口内の渇き(口渇)を感じて水分補給をする際にコーヒーや紅茶などのカフェインを多く含んだ飲み物を選択してしまうと、カフェインの利尿作用により唾液の分泌が抑えられてしまうので逆に口が渇いてしまう危険性があります。

ドライマウスの状態であったり口呼吸が多いと雑菌が体内に侵入しないように扁桃腺が働き膿栓というものが出来ます。
この膿栓は別名「臭い玉」と呼ばれるほど潰すと臭く、これが口臭の原因となることもあります。

 

口の中が不衛生である

incisors-228998_640

細菌は口の中の細胞や食べかすなどのアミノ酸を分解してVCSを産生するので、このアミノ酸が多いとVCSの産生量は多くなってしまいます。

その為口の中の食べかすなどを除去して口腔内を清潔に保つことが出来ればそれが原因の口臭は改善されます。

また歯垢や歯石、虫歯などを放置していることも口臭の原因となります。

 

体調不良や病気

pak85_lalaonakaitaidesu20140321_tp_v

風邪を引く、悪いものを食べた等の下痢など胃腸の調子が悪くなることも口臭の原因となります。

下痢などで消化機能が低下していると食べたものが中々消化されずそれ自体が口臭の原因となる他、下痢で水分が排出されることによる体内の水分量の低下も唾液の分泌量低下を招いてしまうので、ドライマウスの原因となります。

その他糖尿病や肝硬変の症状にも口渇の症状がある他、その病気そのものにも口臭の症状があり、「口臭が出てきたときは糖尿病を疑え」という声もあります。

更に病気に罹患した際の薬によっては副作用に「口渇」があるものもあるので、何か処方薬、市販薬を服用しているときには薬剤師に確認してみるのもいいでしょう。

 

口臭の対策は?

ここまで口臭の原因となる事を紹介しました。

原因だけ知っても改善されることはないので、ここからは口臭に対する対策を紹介します。

 

唾液量を増やしてVCSの産生量を抑えよう

唾液量の低下を抑えることが出来れば細菌の繁殖を抑えられ、歯周病のリスクを低下しVCSの産生量を減らすことが出来ます。

 

口呼吸をしない

adult-19033_640

普段は鼻呼吸をしている人であっても単調作業をしているときなどに口呼吸となってしまう方がいます。

口呼吸は鼻呼吸であれば防ぐことが出来た細菌の進入を許してしまう他、口渇の原因となってしまいます。

普段口呼吸をしがちな人は鼻呼吸を意識し、口腔内の乾燥、細菌・ウィルスの進入を防ぎましょう。

 

良く噛んで食べる

watermelon-846357_640

早食いをしがちであったりハンバーガーなどの柔らかいものばかりを食べる人は咀嚼回数が少なくなっています。

噛むという刺激により唾液の分泌は促されるので昔良く言われたように「30回噛んでから飲み込む」ということを意識することで唾液量を多くすることが出来ます。

 

ガムも効果的

girl-1101936_640

間食にガムを取り入れることも口を潤すことに繋がります。

ガムを噛み続けることで唾液の分泌は促されますので、口が渇いた気はするけど飲み物を飲み過ぎたくないと感じた時はガムを噛むことで口を潤すことが出来ます。

ガムの中には唾液の分泌を促すように設計されたガムもありますので、そのような商品を選択することも有効でしょう。

 

梅干を生活に取り入れる

rice-18786_640

兵士は梅干ひとつを常備し喉が渇いたときに食べていたという逸話や、梅干の殺菌効果を利用しようとした戦時中の代表的な弁当「日の丸弁当」があるように、梅干には口の中を潤す効果と、殺菌効果があります。

梅干の酸味は「クエン酸」が多く含まれているからであり、この酸味の効果で唾液の分泌を促し、クエン酸は酸性である為殺菌作用を持ちます。

唾液の分泌が促されることで消化吸収が良くなり梅干には食物繊維も含まれているので整腸作用もあり、胃腸の調子が悪い事で発生している口臭にも効果があります。

他にクエン酸を多く含む食品としてレモンなどの柑橘系がありますが、梅干の方が食生活に取り入れやすいのではないでしょうか。

 

水分補給

glass-371210_640

体内の水分量が少なくなれば唾液の分泌量が少なくなってしまうので、水分補給も重要です。

このときに重要なのは、水分補給でコーヒーや紅茶などのカフェインが多く含まれる飲み物を選択しないことです。

カフェインにやアルコールには利尿作用があるので体内の水分量は減少しやすく、逆に唾液の分泌量は少なくなってしまう危険性があります。

流石に「喉が渇いたビールを飲もう!」というの考えを持つ方は少ないと思いますが、夏場暑い時に飲むアイスコーヒー、アイスティの美味しさを知っている人は要注意です。

飲んではいけないというほどではありませんが、あまり飲み過ぎないようにし、ミネラルウォーターや麦茶などカフェインの入っていない飲み物も飲むようにしましょう。

 

糖質制限ダイエットに気をつける

female-diet-870519_640

ダイエット臭という言葉を聞いたことがある人もいるかと思いますが、これは糖質制限ダイエット等を行うことで発生する口臭・体臭です。

糖質制限ダイエットについては別の記事にてまとめます。

糖質を摂取しないことでケトン体という物質を栄養源とするのですが、このケトン体の血中濃度が濃くなると甘酸っぱいような独特の体臭・口臭が発生するのです。

糖質制限ダイエットは効果に関しては有効であり運動をしなくても済むと女性に人気のダイエット法ですが、デメリットもあるので知識無く行うということは避けた方がいいでしょう。

 

口腔内の菌を減らし、清潔に保つ

口臭の原因物質を産生している細菌や食べかすなどを減らせばそれだけ口臭は抑えられますし、歯周病リスクを低下させることが出来ます。

 

就寝前、起床後の歯磨き

kb_0046

就寝中は唾液の分泌が抑えられてしまいますので、起床後自分の口臭に気付く人は多いでしょう。

その為起床時の口内には細菌が繁殖している状態になっており、起床後の歯磨きは歯周病リスク軽減、口臭対策に重要となります。

また、就寝中で活発に活動している細菌の栄養となるものを減少させる事も重要となりますので、就寝前に歯磨きをして食べかす、細菌の除去をするといいでしょう。

このときにただ歯磨き、うがいをするだけでも効果はあるのですが、リステリン等の口腔内を殺菌できるマウスウォッシュを活用すると更に効果的です。

 

適度な舌苔除去

tongue-brush-115107_640

歯周病や糖尿病で無い方で口臭がある方の多くは舌苔が原因なので、舌苔除去は口臭改善に効果的です。

しかしここで重要なのは、無理に舌苔を除去しない事です。

口臭が気になると舌ブラシで舌苔を全て除去しようと何度もこすってしまいがちになりますが、これは逆に口臭の原因となります。

湯船に入りなれていない海外からの観光客がせっかくだからと背中を擦りすぎて赤くなってしまうように、舌苔をとるために躍起になって擦りすぎると舌表面の健康な細胞が壊れてしまいます。

これが原因で口臭が発生してしまうこともあるので、舌苔を除去する際は無理に全ての舌苔を除去しないようにする必要があります。

 

歯科医院での治療・クリーニング

既に虫歯などの歯周病がある場合は、それを治療することが重要となります。

歯周病はそれ自体が口臭の原因となりますし、歯周病が進行して歯が抜けてしまえば部分入れ歯などに頼る事になりますが、入れ歯は適切な手入れが無ければ口臭の原因となります。

現在自覚症状が無かったとしても定期的に検診して初期治療を行うことは重要ですし、歯垢、歯石も口臭の原因となります。

子供の頃赤い色素で試したことがある方も多いと思いますが、歯垢は歯磨きで全て除去することは中々難しく、歯石になってしまえば歯科医院でのクリーニングでなければ除去することは難しくなります。

 

その口臭、本当にあるの?

alone-279080_640

ここまで口臭の原因、対策を解説しましたが、最後にもうひとつの可能性をお話します。

それは、「そもそも貴女に口臭はなかった」という場合です。

口臭を気にされる方の中には「私が電車に乗ったら周りの人がヒソヒソ話している」「自分の周りで口臭を話題にしている人が多い」等、

誰かから直接言われたわけじゃないけど周りが自分を避けている気がする

周りが自分の口臭を遠まわしに指摘している気がする

といったような、周りの状況から自分は酷い口臭があると錯覚し、嗅覚に幻覚症状がでて本当に自分の口臭があるように感じる「自臭症」「自己臭恐怖症」と呼ばれるものである可能性もあります。

これは対人恐怖症の症状のひとつです。

この場合は他者が何を言っても「そんなはずはない、自分は口臭がある」と自分を責め続けてしまうことが多いので口臭外来(口臭を専門に扱う歯科医院、診療科)で自身の口臭を数値化したり、心療内科への受診の必要があります。

 

まとめ

いかがでしたか?

口臭の予防、改善にはドライマウスの改善、歯周病対策が良いようです。

自分の口臭も気になるけど、旦那様など他の人の口臭も気になるという場合の対処法をまとめた記事もありますので、気になったらどうぞ。
旦那の口が臭い・・・という場合に考えられる原因と対処法について
また、間違った知識によるダイエットもケトン体が増えて口臭だけでなく体臭の原因にもなってしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

素敵エイジングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

素敵エイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • セルフメディケーション税制とは? 市販薬で税金が安くなるお得な制度

  • 脂質異常症の本当の恐ろしさを知っていますか?

  • 40代になったら注意!眠れぬ・寝すぎる・寝言がある…これらは全て睡眠障害です

  • たかが高血圧と思ったら… 思った以上に危険な高血圧の症状と対策

  • 夫の口臭が・・・考えられる原因と対処法