1. TOP
  2. 美容
  3. アンチエイジングを極めた「美魔女」は筋肉を極めたボディビルダーみたい?

アンチエイジングを極めた「美魔女」は筋肉を極めたボディビルダーみたい?

 2016/10/01 美容 この記事は約 12 分で読めます。 534 Views

ボディビル美魔女も肉体において何かひとつのものを追及している面では同じだと思いませんか?

「なにを言っているんだ?」

「同じ部分が思いつかないんだけど…」

と思った方、よく考えてみて下さい

 

ボディビルダーは筋肉についてよく知っていて、スポーツジムに通ったりプロテインを飲み筋肉を鍛えて、その美しさを追求することに命を燃やしています。

プロテインやジム等で多額の費用をかけて、生活習慣も筋肉を中心にしているでしょう。

鍛え方の流行にも敏感で、その情報に合わせたプロテインを扱ったり、トレーニング方法で身体を鍛え抜いているはずです。

 

美魔女はアンチエイジングについてよく知っていて、美容整形やエステに通ったり化粧品で若さを鍛えて若々しさを追求することに命を燃やしています。

脂肪吸引やヒアルロン注射、シミ・シワの除去等の美容整形やエステ、高額な化粧品等で多額の費用をかけて、生活習慣もアンチエイジングを中心にしているでしょう。

エイジングケアの流行にも敏感で、その情報に合わせた化粧品を扱ったり、エステや手術で身体を鍛え抜いているはずです。

 

どうでしょうか?

同じような文章で両者を書いてみると、同じように見えてきませんか?

このときのアンチエイジングは、現在流行している美容整形やエステ、高額な化粧品で加齢に抵抗するアンチエイジングのことを指し、元々の健康寿命を長くしようというアンチエイジングの意味ではありません。

そこの美魔女とボディビルダーの両者ですが、ほどほどを超えたプロのボディビルダー、プロ?の美魔女となるにつれて異性からの需要が少なくなるのも特徴的なのではないでしょうか。

 

こう書いてしまうと失礼になってしまうかもしれませんが、ボディビルダーのようなゴリマッチョは凄いなと思うことはあっても異性として魅力を感じる人は少なくなってしまいますし、実年齢よりも20歳以上若く見える美魔女は、異性からみると若いな、綺麗だなと思うことはあっても、異性として魅力的に感じるかと聞かれれば首を横に振る人がほとんどでしょう。

同性からみると不思議に感じてしまうかもしれませんが、男性は美魔女を求めているわけではないのです。

そこで今回は、何故美魔女が男性から異性として見られにくいのかを紹介します。

 

スポンサーリンク

筋肉もアンチエイジングもほどほどを超えると異性の需要が少なくなる

細マッチョまでは人気でも筋肉がありすぎると異性としての魅力は薄れる

「三浦春馬くん細マッチョでカッコいい!」

「テルマエロマでみた阿部寛さん身体凄かった!」

と感じる人が多いように、魅力的な男性は体つきがしっかりしている人が多いです。
細マッチョというのは良いですよね。
服を着ている時は華奢な印象でも、脱いだときに見える筋肉質な身体にときめく女性は多いでしょう。
でもそのような女性は、筋肉があればあるほど良いと感じているわけではないのです。
体脂肪率がほぼ0で重りをつけなくてもダイビング用プールの底を歩けるほど筋肉をつけたボディビルダーは、見てて凄いと思います。
しかし、そのような筋肉を極限まで鍛えあげたボディビルダーの男性が異性として魅力的かと聞かれたとき、魅力的と答えるのはかなり少数派でしょう。

 

若さも追求し過ぎると異性としての魅力は薄れる

「高畑充希ちゃんかわいい!」

「能年玲奈ちゃんかわいい!」

といったように、ほとんどの男性は若々しい女性に魅力を感じます。

その為歳を重ねた女性にも、美しさのなかに若々しさも求めています。

「いつの時代もキョンキョン(小泉今日子)かわいい!」

「高森千里さん綺麗!」

と、自然な若々しさと年齢を重ねた美しさを兼ね備えた女性はいつまでも人気を保ち続けていますよね。

 

しかしこちらも行き過ぎると問題が…

確かに同じ女性から見ればいつまでも若く美しい女性は魅力的です。

男性から見ても「若いな」「綺麗だな」という印象は持ってもらえるでしょう。

しかし、異性として魅力的かと聞かれると、かなり少数派になってしまいます。

 

男性から引かれてしまう美魔女

若々しく美しい女性が魅力的であっても、それが極端になっている美魔女は異性として見ると魅力的とはいえないのです。

美魔女を目指す女性には衝撃的なことですが、男性の美魔女に関する感想をまとめてみました。

 

若返りに対する執念

「この人この若さの為にどれくらいお金かけてんだろう…」

「そこまでするのかぁ…」

男性も若々しさを求めていないわけではありません。

しかしそれはマイナス5歳ぐらいが丁度良いというレベルで、実年齢よりも20歳若く見えるほど極めてしまっていると、その執念に引いてしまいます。

かつてマクドナルドのハンバーガーは保存料が大量に入っていて1年たっても腐らないという都市伝説が流れましたが、美魔女に対しても自然の流れに真っ向から背いているような不自然さを感じてしまい、不健康に感じてしまうのかもしれません。

 

若い世代に対抗意識を燃やしている

「あの人また若手に対抗心燃やしてる…」

例えば20代に見える40代の美魔女の方は、その20代の見た目に自信を持っています。

その為実年齢が20代の女性に対して、対抗心がむき出しになってしまっていることが多いのです。

しかしこれはお年寄りの「まだまだ若いもんには負けん!」というのとあまり変わらず、その対抗心を燃やしている美魔女に、引いてしまう男性が多いのです。

 

過剰なダイエット

「あの人ガリガリじゃん…」

20代30代の実際に若い女性の場合はほっそりしていた方が人気がありますが、40代となるとふくよかな女性らしさを感じさせる体型の方が人気になってきます。

美魔女の方は年齢相応の女性らしさよりも見た目の若さを重視しているので、無理なダイエットをしてしまっている人が多いのです。

その無理なダイエットで不健康さを感じるほど痩せようとしている美魔女に、魅力を感じないようです。

 

見た目は20代、頭脳は40代

「なにを言っているのか分からない…」

「親が前そんなことを言っていたような…」

同年代よりも若く見られたいと思っていても、同年代のグループと一緒にいると実年齢がばれてしまいます。

そして若い世代のグループに入っていれば、周りも若いので溶け込めますし、美魔女は若い見た目に自信を持っているので若いグループに入りたがります。

しかし貴女も感じたことがあるかと思いますが、自分と違う時代を生きている人と話すとジェネレーションギャップを感じるものです。

その為美魔女が混じったグループでは美魔女と若い世代でジェネレーションギャップが起きています。

「私は若い世代との会話の方が盛り上がるんだよねぇ」と思って若いグループに溶け込んでいるつもりでも、実際には若い世代に気を使われているだけ…
ということになってしまうことが多いようです。

 

若々しさを得る為にかける高額な費用

「あの化粧品俺の1か月分の食費と変わらないんだけど…」

「なんでそんなにお金かけられるんだろう…」

私たち女性側の立場で見れば、美容の為にある程度お金が必要なのは理解できます。

化粧品を使っていない女性はほとんどいませんし、シャンプーなども家族よりも少し良いものを使っていませんか?

男性の場合は、最近になってスキンケアを気にする男性が増えたとはいえ、大半は化粧水すら使わない男性がほとんどでしょう。

ミッツさんやマツコさんのような特殊な方でなければ化粧をする男性もほとんどいませんので、男性は美容にほとんどお金を使いません。

そのような男性にとってお金を湯水のように使って若さを保つ美魔女を理解するのは難しいでしょう。

 

自意識過剰

「男の子からの視線を感じます」

「この前娘と歩いていたら姉妹と勘違いされて」

実際にはあまりにも若々しさを出そうとしている格好に冷めた目を向けられているだけだったり、客商売特有のお世辞に対して、美魔女は勘違いすることがあります。
自分は若く見られているんだ!という自意識過剰な思い込みが残念な人を見る目をみとれているのだと錯覚したり、お世辞を真に受けて言った人に気まずい思いをさせることとなるのです。
美魔女同士、つまり同じ立場からの視点と、それ以外の人の視点では見え方が異なることをしっかりと知っておかなければなりませんね。

 

美魔女同士の賞賛合戦

「あそこのエステ行ったの?肌が良くなってるね」

「その乳液どうでした?」

類は友を呼ぶという言葉があります。

最初の動機が旦那さんに若々しく見られたいというものだったとしても、気がつけば知り合った美魔女同士で女子会を開くようになります。

旦那さんは男性ですので、美魔女のかけるお金等に「そういうものだ」と納得は出来ても、そうする必要があるのかは理解出来ていないことが多いのです。

そうなってくると旦那さんは話について来れず、気がつけば蚊帳の外で傍観者となってしまいます。

 

似合うかどうかではなく若く見えるかどうかのファッションセンス

「あの人無駄に露出してるなぁ…」

「あの頑張ってる感じが痛々しい…」

高額な維持費をかけて、若く見えるように整備している為、美魔女は若い世代に似合う服装をしたがる傾向にあるようです。

小泉今日子さんなどであれば歳を重ねることを肯定的に捉えて自分を魅力的にする為のファッションを選択しますが、美魔女の場合、焦点は若さです。

その為似合うかどうかではなく、若く見えるかどうかのファッションを選びます。

その結果露出が多かったり、第三者から見ると痛々しささえ感じるようなファッションとなってしまうのです。

 

胸元や二の腕が露出、ミニスカート等の露出度の高いファッション

「あの人スカート短いなぁ…みっともない」

「この時期にあの格好って…10代じゃないんだから」

ミニスカートやノースリーブのような露出が多い服装は、ただでさえ「みっともない」と見られがちな格好です。

普通に考えれば娘がそのような格好をしていることに注意をするべき年代の女性が進んで露出度の高い服装をきていることで、余計に痛々しさが増してくるのです。

若く見られたいと考えていたとしても、同年代から下品と感じられるような服装は印象が悪くなってしまいますし、似合わなければ不快に思われてしまいます。

 

リア充アピールでの過度な褒めてアピール

「あ、またエステ行ったんですね、で?だから?」

「そんな美容法があるんですね~、興味ないけど…」

美魔女の中には「テストの日に『全然勉強してないよ~』と言いながらバッチリ勉強して100点をとる」ような、自分は努力をしていないと言う人もいます。

しかし多くの美魔女は自分の努力を人にアピールする傾向にあります。

同じ美魔女同士で交流をしているだけならば問題はないのですが、SNSやブログなどで、自分のやっていることを投稿して褒めて!とアピールしてくるので、興味のない人からすれば「どうでもいいね!」「めんどくさいね!」と義務感と別の気持ちを込めていいね!ボタンを押すことになります。

いいね!ボタンを押さなければ不機嫌になることも多いので、このリア充アピールに疲れてしまう人は多いのです。

「自分はこうしたらこうなれた」というような美容情報と自撮写真をネットに流すのも良いですが、あまりコメントや『いいね』で褒めて欲しいという魂胆が出てしまうのもよくないようです。

 

褒め続ける事が強いられているような居心地の悪さ

「エステの前後で違いが分からないけどドヤ顔されている…」

「いちいち褒めなきゃならないのが本当にめんどくさい…」

あなたの旦那さんもそうかもしれませんが、男性はあまり褒めるのが得意ではない人が多いです。

記念日を忘れたり、髪型を変えても気付かなかったり、料理を美味いと褒めることも得意ではなかったりします。

そんな中で、SNSと同じくらいの勢いで褒めて欲しいアピールをされてしまうと、男性は疲れてしまいますし、居心地悪く感じます。

多くの男性が理想とする女性のタイプとして「心安らげる」女性が挙げられていますので、多くの美魔女は理想とする女性像から離れているということでしょう。

 

美魔女なのに年上好き男性には熟女アピール

「俺が好きなのは年齢相応の美しさを持った女性だ」

「同年代が好みの男に相手にされなかったからってこっちに来るなよ…」

美魔女は40代50代で20代の見た目なので、考えようによっては同年代が好き、熟女好きの20代両方からチヤホヤされそうなイメージを持っているかもしれません。

しかし実は逆で、同年代が好き、熟女好き両方から相手にされません。

ばっさりと言ってしまえば、20代が好きな人からすれば、見た目20代の40代女性よりも見た目も実年齢も20代の女性の方が良いのです。

そして熟女が好みの男性はその年齢を重ねた美しさに魅力を感じているのであって、年齢に抗った美魔女は選びません。

あなたは、新鮮な刺身を食べたいと思ったときにマグロの赤身と漬けマグロ、どちらを選びますか?

お漬物が食べたいと思ったときにぬか床につけた野菜と保存料に漬けた野菜、どちらを選びますか?

最終的に、若い人が良ければ若い人を選ぶし、年齢を重ねた人が好みであればその年齢を重ねた美しさを持った女性を選ぶのです。

一言で切り捨てる男性のコメントとして「見た目若い女性と若い女性がいたら若い女性と付き合う」というものがあります。

男性は美魔女特有の年齢を感じさせない美しさに「凄いな」や「綺麗だな」と思うことはあっても、魅力的に感じるかと聞かれれば「NO」と答える方が大半というのが実際のところのようです。

 

まとめ

いかがでしょうか。

美魔女について詳しく知れば知るほどアンチエイジングで肉体改造しているようにしか見えなくなってきて、肉体改造といえばボディビルというような流れで思いついた結果、そうとしか感じなくなってしまいました。

少し言い過ぎてしまったようにも感じますが、細マッチョに魅力を感じる女性が多い現在においてのボディビルダーのように、美魔女は男性視点から見ると微妙な存在になってしまっているようです。

小泉今日子さんも美魔女になる事を扇動する現在の過度なアンチエイジングの流れを批判する発言をしていますので、一度自分にとってのアンチエイジングがどのような存在なのかを考え直してみてはいかがでしょうか。
小泉今日子が美魔女完全否定!? 年相応の魅力を引き出す素敵エイジング

スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

素敵エイジングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

素敵エイジングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 小泉今日子が美魔女完全否定!? 年相応の魅力を引き出す素敵エイジング

  • ノーベル医学生理学賞に受賞したオートファジーを利用して若々しくなれるって本当?